「省エネ法」法令集 平成17年 - 資源エネルギー庁省エネルギー対策課

省エネ法 資源エネルギー庁省エネルギー対策課

Add: yxiforo43 - Date: 2020-12-17 11:43:10 - Views: 2919 - Clicks: 9717

資源エネルギー庁: 省エネルギー・新エネルギー部省エネルギー課:: 132: 新エネルギー利用等の促進に関する特別措置法: 平成9: 37: 資源エネルギー庁: 省エネルギー・新エネルギー部新エネルギー課:: 133: 電気事業者による再生可能. 平成20年度省エネ法改正にかかるQ&A(令和元年5月10日改訂)(資源エネルギー庁ホームページへ) 2. (平成15年国土交通省令第15号 最終改正:平成18年3月27日) (告示) 建築物に係るエネルギーの使用の合理化に関する建築主等及び特定建築物の所有者の判断の基準 (平成11年通商産業省・建設省告示第1号 最終改正:平成18年3月30日). 開催 令和2年2月25日(火)(グランキューブ大阪) 基調講演 「Smart City with Internet-by-Design~節電対策を攻めの投資とする~」(東京大学 教授 江崎 浩氏) 施策説明 「省エネルギー政策の動向」(近畿経済産業局 資源エネルギー環境部 エネルギー対策課) 事例発表 「高性能断熱材の省エネ事例」(グンゼエンジニアリング株式会社様) 「既設ビルにおけるZEB更新事例と運用における課題と対策」(ダイキン工業株式会社様) 「~CSR活動、研究所と省エネ事例~」(日本電産株式会社様) ※取組企業様より了承頂いた資料のみの掲載となっております。. 省エネ法については、新しく定義された用語や頻出する用語をマークし、解説やコメントを併記した。改正内容がわかりやすい2色刷。 : 平成25年度改正省エネ法法令集: 資源エネルギー庁省エネルギー対策課 監修 a5判 912頁 定価(本体6,400円+税).

資源エネルギー庁省エネルギー対策課 監修. そこで、改正法では、従来の事業者単位だけではなく、複数事業者の連携による省エネの取り組みも適正に評価する制度を新たに設け、各事業者の省エネの取り組みを促進することを目指しています。 現行の省エネ法では、事業者のエネルギー消費効率を事業者単位で評価しています。たとえば、同じ業界にあるA社とB社が上工程をB社に統合・集約することで省エネを図った場合を考えてみましょう。統合して上工程を廃止したA社はエネルギー消費量が減ってエネルギー消費効率が改善し、省エネ評価が向上しますが、一方で、エネルギー消費量が増えてエネルギー消費効率が悪化するB社の省エネ評価は悪化することとなります。 そこで改正法では、新たに「連携省エネルギー計画」の認定制度を設け、認定を受けた複数の事業者が、事業者間の連携により削減した省エネ量を、それぞれの事業者に分配して報告できることとしています。 また、現行法で両者にプラスの評価となるような複数事業者の連携による省エネの取り組みに対しても、それぞれの事業者の省エネ取り組みへの貢献度合いを踏まえて、省エネ量を分配することができるようになります。 より適正な省エネの評価を得. これに対して、現行法では、工場間の輸送を念頭に、荷主の定義を「貨物の所有者」としています。ネット通販においては、売買契約が成立した段階で貨物の所有権が購入者に移る事例もあり、事実上は輸送の方法などを決定していても、荷主として省エネ法の規制を受けないネット小売事業者も存在します。 そこで、改正法では、荷主の定義を「輸送の方法等を決定する者」と改めることとしています。これにより、貨物の所有権を問わず、契約などで貨物の輸送の方法などを決定するネット小売事業者は、省エネ法の規制対象となります。なお、インターネット上に、個々の出店者がそれぞれ独立して商品を販売するサイトを提供するモール事業においては、貨物輸送事業者との契約がなく、輸送の方法などを決定しないモール事業者ではなく、個々の出店者が規制対象となります。 規制の対象が拡大することで、受け取り場所の多様化や宅配ボックスの活用、共同輸配送や物流拠点の共有など、荷主が貨物輸送事業者などと連携して貨物輸送の効率化に積極的に取り組むことが期待されます。また、荷主の省エネの取り組みを促進するため、ネット小売業界の優良な取り組み事例を荷主の省エネ. 今回の改正法の主な対象となるのは、産業・業務部門と運輸部門の貨物輸送分野です。 産業・業務部門では、事業者による積極的な省エネの取り組みの結果、省エネがかなり進んできました。そのため、最近10年間のエネルギー消費効率(エネルギー消費原単位)の推移を見てみると、産業部門においてはほぼ横ばい、業務部門においては近年足踏み傾向にあります。 こういった現状を打破し、省エネの取り組みを加速させていくためには、個々の事業者の枠を越えて複数の事業者が連携する新たな省エネの取り組みを促進していく必要があります。. こうした課題の解決に向け、総合資源エネルギー調査会の省エネルギー小委員会は、年から審議を行い、省エネの取り組みをさらに加速させるための提言をまとめました(「省エネルギー小委員会 意見」 (PDF形式:2. 2635~2639) 出典:「省エネ法の概要と動向」平成30年9月18日 資源エネルギー庁 省エネルギー課. エネルギーの使用の合理化等に関する法律 省エネ法の概要(pdf:平成29年版)(資源エネルギー庁hp) 平成30年度の省エネ法改正について(資源エネルギー庁hp) 省エネ法及び温対法について(九州経済産業局hp) 九州農政局長に提出する必要のある書類.

平成17年度改正「省エネ法」法令集―エネルギーの使用の合理化に関する法律 資源エネルギー庁省エネルギー対策課 | /7/1 単行本. 0 (年5月). 再生可能エネルギー事業計画認定情報(事業計画認定情報公表用ウェブサイト) 3. 年07月05日 夏季の省エネルギーの取組を決定しました;6月から9月は夏の省エネキャンペーン期間 年06月14日 平成30年度「エネルギー使用合理化シンポジウム東北」の御案内. 運輸部門については、ここ最近のネット通販市場の著しい成長にともなう小口配送の増加などによる「増エネ」への対応を強化する必要があります。 具体的には、近年、5年間で1. 省エネ法では、これまで改正により、「工場・事業場(本社、工場、店舗等)」単位から「事業者(企業)」単位へ規制対象の拡大、高炉による製鉄業・セメント製造業などエネルギー多消費産業へ「ベンチマーク制度」(事業者の省エネ状況を業種内で比較できる指標を設定する制度)の導入、トップランナー制度対象品目の拡大、建築物分野の対象に「住宅」を追加などの規制強化が行われてきた。 東日本大震災後、電力需給が逼迫したことを受けて、改正された省エネ法(年5月31日公布)では、従来からの省エネに加えて、ピーク対策など時間の概念を含んだ、電力需給バランスを意識したエネルギー管理を推進する対策が盛り込まれた。また、業務・家庭部門に対しては、住宅・建築物や設備機器の省エネ性能の向上に向けた対策が強化された。 具体的には(1)「電気の需要の平準化」(=電気の需要量の季節または時間帯による変動を縮小させること)の推進や(2)トップランナー制度の建築材料等への拡大等に関する措置の追加である。また、以降も、これらの措置を具体化するため政令・省令・告示を改定している。主な内容は以下の通り。.

年11月27日 再エネ海域利用法に基づく洋上風力発電事業者の公募を開始します 年11月17日 「省エネ法」法令集 平成17年 - 資源エネルギー庁省エネルギー対策課 「第14回日中省エネルギー・環境総合フォーラム」を開催します 年11月2日 小売事業者表示制度の改正に関する経済産業大臣告示の公布・施行 年10月30日. 定価: 7,040円 (6,400円+税) 著者名:資源エネルギー庁省エネルギー対策課 出版社:省エネルギーセンター. 生産技術の向上、経営環境が変化する中、エネルギー原単位の更なる改善に向けて、省エネ課題の発見や新たな取組等の省エネ取組を模索されていることと思います。 この度、それぞれの事業者ならではの状況の中で、多様な視点から省エネの成果をあげておられる特定事業者の取組を紹介した事例集を作成しました。 1. 【tsutaya オンラインショッピング】「省エネ法」法令集<改正> 平成25年/資源エネルギー庁省エネルギー対策課 tポイント. 省エネ法により、一定規模以上のエネルギーを使用する事業者は、エネルギーの使用状況などに関する定期報告や省エネに関する中長期計画の提出、また、エネルギー管理統括者などの選任といった義務を負っています。現行法では、グループ企業が一体的に省エネの取り組みを行っている場合でも、親会社、子会社それぞれに省エネ法の義務が課されています。 改正法では、グループ企業の親会社が「認定管理統括事業者」の認定を受けた場合、親会社が子会社の分まで含めた省エネ法の義務を一体的に履行することができるようになり、事業者の負担が軽減されるとともに、グループ全体の報告に基づいて省エネ取り組みを評価することで、費用対効果を考えたメリハリのある省エネ取り組みが進むことが期待されます。 一覧に戻る. 開催 平成31年2月12日(火)(グランキューブ大阪) 当日配布資料はこちら. ほかにも、現行の省エネ法では一定規模以上のエネルギーを使用する事業者に対して毎年度提出するよう義務付けている「中長期計画」を、改正法では、省エネ取り組みの優良企業を対象に、提出頻度を数年に一度とするという内容も盛り込まれています。法規制の対象となる事業者の負担を軽減するとともに、事業者がより省エネに取り組みやすい環境づくりを目指します。 また、省エネ法の改正に伴い、省エネ取り組みを後押しする補助金や税制措置といった支援策も講じていきます。複数の事業者、または、荷主と輸送事業者が連携して行う効果の高い省エネの取り組みを行うために必要な設備投資に対して、補助金による支援を今後も継続して行っていきます。また、連携省エネルギー計画の認定を受けた複数の事業者、または、複数の荷主の設備投資に対して、法人税を30%特別償却、もしくは中小企業に対しては法人税を7%税額控除する税制措置も行います。.

「省エネ法」法令集 エネルギーの使用の合理化に関する法律 平成15年度改正. 省エネ住宅(資源エネルギー庁ウェブサイト) 7. See full list on shikoku. 平成17年度改正「省エネ法」法令集 資源エネルギー庁 省エネルギー対策課 監修 A5判・744頁 定価4,830円(税5%含) 改正「省エネ法」のすべてを1冊に 年 2 月に京都議定書が発効したが、 わが国の二酸化炭素排出量は引き続き増加している。. 四国地域エネルギー・温暖化対策推進会議 2. 省エネ成功事例(省エネ成功事例のページへ)(平成26年度) 3. See full list on kankyo-business. 輸送の省エネ法規制(資源エネルギー庁ウェブサイト) 5.

Q&A別紙2「改正省エネ法における地方公共団体のエネルギー管理の範囲について」(資源エネルギー庁ホームページへ) 4. See full list on enecho. エネルギー・温暖化対策に関する支援制度のガイドブック 2. 09 MB)参照)。この提言を受け、今回、複数事業者が連携した省エネの取り組みに関わる新たな制度の創設や、荷主規制の対象の見直しなどを内容とする省エネ法の改正が行われることとなりました。 経済産業省が作成した省エネ法改正法案は、年3月9日に閣議決定され、同年1月に召集された第196回通常国会での審議を経て6月6日に成立、6月13日に公布されました。今後、法律の施行に向けて関係法令の整備が進められます。 では、具体的にどのような改正の内容なのか、その大きな方向性を見てみましょう。 一覧に戻る. 8倍というネット通販市場の拡大により、小口の配送量が急激に増えています。また、それに伴って再配達も増加し、宅配で消費されるエネルギーの25%、原油換算で10万klが再配達によるものとなっています。また、B to Bの市場では、荷送り側・荷受け側における手待ち(荷物の積み込みや積み下ろしの際の待機時間)などによるエネルギーの消費が増加しています。 今後、さらなる物流量の増大が予想されるなか、貨物輸送分野においては、燃費の向上だけでなく、徹底的な物流の効率化を図り、エネルギー消費の少ない効率的な物流体系を築いていくことが急務です。. 令和元年度多様な視点で成果を上げる省エネ事例集 1. 省エネ優良事例 3. 5MB) 平成25年度の省エネ法.

「省エネ法」法令集(平成25年度改正) - エネルギーの使用の合理化等に関する法律 - 資源エネルギー庁 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. See full list on kansai. 平成29年度サードパーティ活用省エネ事例集 6. 【tsutaya オンラインショッピング】「省エネ法」法令集 平成17年/資源エネルギー庁省エネルギー対策課 tポイントが使える. 電気 ・1の燃料を使った電気 ※対象外:1の燃料を起源としない太陽光発電、風力発電、廃棄物発電などの電気. 17 東北地域の再エネ・省エネの各優良事例を表彰します. 1973年と1979年の二度にわたり、日本を見舞ったオイルショック。化石資源に乏しく、国内で消費されるエネルギーの多くを海外からの石油の供給に頼っていた日本の経済は、オイルショックによって大混乱に陥りました(「石油がとまると何が起こるのか? ~歴史から学ぶ、日本のエネルギー供給のリスク?」参照)。それを契機として、エネルギーを効率的に利用していくことを目的として制定されたのが「エネルギーの使用の合理化等に関する法律」、いわゆる「省エネ法」です。 省エネ法では、工場や事業所、貨物・旅客・航空輸送事業者、荷主(貨物を貨物輸送事業者に輸送させる事業者)、機械器具などを製造・輸入している事業者、家電の小売事業者やエネルギー供給事業者などを規制の対象とし、省エネの取り組みを行う際の規範(判断基準)を示しながら、省エネ努力を促しています。また、一定規模以上のエネルギーを使用する事業者に対しては、エネルギーの使用状況などの報告を義務付けるなどの規制を課しています。 1979年の制定以来、省エネ法は急激な経済成長やビジネスモデルの変化に応じて7度の改正を繰り返しながら、現在にいたっています(「省. 省エネ法の概要(資源エネルギー庁ウェブサイト) 2.

平成17年度改正「省エネ法」法令集 : エネルギーの使用の合理化に関する法律. 資源エネルギー庁の機構及び定員に関すること。 資源エネルギー庁の所掌に係る経費及び収入の予算、決算及び会計並びに会計の監査。 エネルギー対策特別会計の経理。 資源エネルギー庁所属の国有財産の管理及び処分並びに物品の管理。. 工場・事業場における省エネ取組事例集(省エネ取組事例集のページへ)(平成27年度) 4. 省エネルギーセンター. なっとく!再生可能エネルギー(資源エネルギー庁ウェブサイト) 2.

省エネ法でのエネルギーとは、燃料、電気、熱を指し、廃棄物からの回収エネルギーや、風力・太陽光発電などによる自然エネルギーは対象外。 1. 省エネ法(正式名:エネルギーの使用の合理化に関する法律)は、日本の省エネ政策の根幹となるもので、石油危機を契機に1979年に制定された。工場や建築物、機械・器具についての省エネ化を進め、効率的に使用するための法律。 工場・事業所のエネルギー管理の仕組みや、自動車の燃費基準や電気機器などの省エネ基準におけるトップランナー制度、需要家の電力ピーク対策、運輸・建築分野での省エネ対策などを定めている。 省エネ法が直接規制する事業分野は、「工場等(工場・事務所その他の事業場)」、「輸送」、「住宅・建築物」、「機械器具等(エネルギー消費機器等または熱損失防止建築材料)」の4つである。. 社会学, 法律, 政治, 福祉, 外交・国際関係, コミュニティ の優れたセレクションからの 本 のオンラインショッピングなどを毎日低価格でお届けしています。.

エネルギー対策課では、総合的なエネルギー対策に関する業務を行っています。 エネルギー全般、省エネルギー、新エネルギーに関するお問い合わせは、こちらへ. 事務所2 空調関係 3. 節電・省エネ優良事例集 オフィスや卸・小売、中小規模の工場等の節電・省エネをさらに推進していただくため、その対策の進め方を取りまとめた優良事例集を作成しました。 5. 17) (9)経済産業省:エネルギー使用の合理化に関する法律の一部を改正する法律案について(平成17年3月15日). 国家試験・研修・講習を実施しています エネルギー管理士試験、エネルギー管理研修 エネルギー管理講習「新規講習」、「資質向上講習. 事務所3 ボイラ、給湯関係 4. Q&A別紙「ユーティリティファクターについて」(資源エネルギー庁ホームページへ) 3.

省エネルギー・新エネルギー: 北海道省エネルギー・新エネルギー促進条例、計画等. 熱 ・1に示す燃料を熱源とする熱(蒸気、温水、冷水等) ※対象外:1の燃料を熱源としない太陽熱及び地熱などの熱 3. 省エネ法の概要についてとりまとめたパンフレットです。(平成29年版) エネルギーの使用の合理化等に関する法律 省エネ法の概要(PDF形式:7. 7%の経済成長を前提としつつ、年度を基準年として、年度のエネルギー需要を対策前と比べて原油換算で5,030万Kl程度削減するという見通しが示されています。これを実現するためには、エネルギー消費効率(最終エネルギー消費量/実質GDP)を35%程度改善する必要があります。 この改善率は、過去の例に照らすと、オイルショック後の20年間の水準に相当します。オイルショックが発生した当時は省エネのポテンシャルの高い時代でしたが、それと同じ改善率を、社会全体における省エネが進んでいる現状において達成することは、きわめてハードルが高いといえます。 年度時点での削減量は876万kl、進捗率は17. 事務所5 受変電・発電関係 6. 省エネ法の改正について(資源エネルギー庁ホームページへ) 2. 省エネ法対応 荷主の省エネ推進のてびき(第5版)(資源エネルギー庁ホームページへ).

平成25年度改正 省エネ法法令集. 事務所1 目次 2. 平成30年北海道胆振東部地震に関する情報 道における特定放射性廃棄物の最終処分に関する法律(最終処分法)に基づく文献調査等に関する考え方等について. 平成28年度EMS活用事例集 5. 工場・オフィスの省エネ対策に関するリンク集 6. 平成20年の省エネ法改正により、平成21年度分から前年度(前年4月から当年3月)のエネルギー使用量が事業者全体で原油換算で1,500kl以上の事業者は、毎年度5月末日までに事業者単位で事業者の主たる事務所所在地(本社等)を管轄する経済産業局長に「エネルギー使用状況届出書」を提出し.

省エネルギー政策について(資源エネルギー庁ウェブサイト) 3. 事務所4 照明・昇降機関係 5. 省エネ法情報を中心に、省エネ施策に関するメールマガジン(省エネ推進ホットライン(SEIネット))を不定期で配信しています。登録方法は、 9% 17%程度削減 ただし数値は(期待される)国内の ネ ギ 気候変動法に則り最終的な目標値は国内法の成立を受け 事務局に提出(注1) ただし数値は(期待される)国内のエネルギー・気候変動法に則り、最終的な目標値は国内法の成立を受けて.

省エネ関連補助金活用事例集(平成25年度) 2. エネルギーの使用の合理化等に関する法律 省エネ法の概要(年1月)(資源エネルギー庁ホームページへ) 2. 工場・事業場の省エネ法規制(資源エネルギー庁ウェブサイト) 4. エネルギー管理優良事例集/省エネ住宅パンフレット 4. 年11月17日 「第14回日中省エネルギー・環境総合フォーラム」を開催します 小売電気事業者等の登録を行いました(令和2年11月17日登録) 年11月13日 梶山経済産業大臣はアル・サダ・カタール国・前エネルギー・工業大臣による表敬を受けました 年11. 資源エネルギー庁の省エネポータルサイト 事業者向け省エネ関連情報。省エネ法の概要をまとめて紹介しています。.

本・情報誌『「省エネ法」法令集 平成17年』資源エネルギー庁省エネルギー対策課のレンタル・通販・在庫検索。最新刊やあらすじ(ネタバレ含)評価・感想。. 住宅用太陽光設備の買取期間満了に関する情報サイト(どうする?ソーラー)(資源エネルギー庁)のご案内(年7月16日) 夏季の省エネルギー対策情報(年6月10日) 省エネ取組事例集(平成30年度版)を作成しました(年4月5日). 無理のない省エネ節約 家庭向け省エネ関連情報(資源エネルギー庁ウェブサイト).

経済産業省 資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部 省エネルギー課 『ykk ap株式会社 九州製造所の省エネルギー活動について』(ykk ap株式会社) パート1(pdf:2,111kb) パート2(pdf:1,618kb). 東日本大震災を踏まえた省エネ法(工場等関係)の対応について(資源エネルギー庁ホームページへ) 2. また、現行法では、貨物を受け取る「荷受け側」に対しては省エネの努力を求めていません。しかし、荷受け側が到着する貨物について到着日時などを適切に指示しないことで、貨物が無秩序に到着し、手待ちが発生する場合もあります。 そこで、改正法では貨物の到着日時などを指示することができる荷受け側を「準荷主」と位置づけ、貨物輸送の省エネへの協力を求めていきます(努力規定)。なお、準荷主に対して省エネへの協力を求めるにあたって、国は準荷主の省エネ取り組みの規範となるガイドラインを整備する予定です。 一覧に戻る. (Ext.

燃料 ・原油、揮発油(ガソリン)、重油、その他石油製品(ナフサ、灯油、軽油、石油アスファルト、石油コークス、石油ガス) ・可燃性天然ガス ・石炭、コークス、その他石炭製品(コールタール、コークス炉ガス、高炉ガス、転炉ガス)であって、燃焼その他の用途(燃料電池による発電)に供するもの 2. 長きにわたって省エネに取り組んできた日本は、世界最高水準のエネルギー効率を誇る省エネ大国となりました。すでに省エネが高いレベルで進展している状況で、さらなる省エネを実現していくことは、容易ではありません。 制定から約40年となる省エネ法は、時代に即して省エネの取り組みが促されるよう、累次の改正が行われてきました。よりよい制度整備を行っていくことで、各部門で省エネ対策が着実に進む社会を築いていきます。. 太陽光発電の固定価格買取期間が満了する皆様へのお知らせ(資源エネルギー庁) 【注意喚起】平成30年7月豪雨における太陽光発電設備の水没による感電防止等について; 太陽熱利用システムについて.

「省エネ法」法令集 平成17年 - 資源エネルギー庁省エネルギー対策課

email: jymotyq@gmail.com - phone:(970) 249-5903 x 6394

クレジットのすべてがわかる!図解・カードビジネスの実務<第2版> - 本田元 - 尾崎豊覚醒剤偽装殺人疑惑 永島雪夫

-> 「戦略計画」創造的破壊の時代 - ヘンリー・ミンツバーグ
-> るるぶ 石垣・宮古・西表島・久米島 2007

「省エネ法」法令集 平成17年 - 資源エネルギー庁省エネルギー対策課 - REST オジーオズボーン WICKD


Sitemap 1

きみちゃんとふしぎねこ - 藤原ヒロ子 - 司馬遼太郎